胸鎖乳突筋をほぐしてストレス減

デスクワークをやったり家事をしているときに前傾姿勢になったりするかと思います。生活習慣というのも原因ではあるそうですが、肉体や精神へのストレスからも首コリの症状が起こるそうです。特に胸鎖乳突筋というのは、ストレスを緩和してくれる自律神経と関係が深いそうです。疲れやすくて緊張しやすい部位だそうです。うつむいた姿勢をとると、この筋肉に負荷がかかってくるそうです。胸鎖乳突筋の周りにはたくさんのリンパ節が集中しているそうです。老廃物を溜め込まないようにするためにも、胸鎖乳突筋を特にほぐしておくとよいそうです。

なぜ首なのに胸鎖乳突筋かというと、乳様突起、鎖骨、胸骨の3つの骨につながっているからだそうです。横を向くとわかりやすいそうですが、指でつかめるそうです。上から下へかるーくつまんでマッサージするとほぐし効果があがるそうです。首筋を伸ばして真横、右を向くそうです。そうすると浮かぶのが胸鎖乳突筋だそうです。この三角地帯の下の真ん中あたりにゴリっとしたところがあるそうです。そこを右手三本指でそっと圧迫して10秒キープだそうです。そのまま左を向いてまた10秒だそうです。これを2セットするそうです。逆側も同じようにするそうです。ゆったりとした呼吸を忘れないようするといいそうです。頸動脈に近いので、やさしく触っていかないといけないそうです。胸鎖乳突筋のまわりがほぐれると、首、頭、肩の血行がよくなっていくそうです。リラックス効果につながるのでぜひやってみるとよいそうです。リンパの流れもよくなって、コリの緩和や顔のむくみの解消にもなるそうです。自律神経が整いやすくもなるそうです。イライラや不眠も和らげてくれるそうです。