魅惑のハロウィンサラダ

先日のハロウィンに、何か子どもたちを喜ばしてみようと、ハロウィンにちなんだお料理を作る計画を立てました。かぼちゃの煮物に、かぼちゃの味噌煮込みうどんに、柿とレタスのハムサラダにかぼちゃプリン。子どもたちは、ハロウィンぽいけれど、和風ハロウィンだといって、なんとなく不服そうにしていましたが、かぼちゃのプリンが上手に出来ていたらしく、喜んで貰えました。柿とレタスのハムサラダは、なんだか邪道だと評価は低めでしたが、私も、幼い頃は、パイナップル添えハンバーガーや、パイナップルトッピングのハムピザなんて、ありえないと思ってしまたが、大人になって試してみると、なんとも、甘さとしょっぱさの不思議なハーモニーが口の中に広がって、一気にトロピカーナな気分になれるのですよね。柿のサラダも、その延長線上にあると思うのですが、柿のオレンジが、ハロウィンにぴったりなので使ってみました。私が、幼い頃は、ハロウィンなどの行事がなかったもので、母から受け継いだハロウィンメニューがないのですよね。世の中のお母さんたちは、なんだかファッショナブルなハイセンスなハロウィンメニューを創作しているみたいですが、まぁ、楽しんだ物勝ちですから、気分だけでも味わえればと思います。などと、ハロウィンの創作ディナーの成功に、ホッと一息ついていると、もう翌月は、クリスマスにお正月がまっていますね・・・。一年があっという間です。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *