味噌漬け

日本人の大好きな味噌漬けのお肉は保存食

日本の歴史に残るお肉に関する面白い風習があります。●「馬」・・・桜●「鹿」・・・もみじ●「イノシシ」・・・ぼたん 上記のように、獣たちを植物の名前に言い換えて呼ぶような風習に触れた事はありませんか?これは、公では、鶏以外の四足の獣を食べる事が禁じられていた江戸時代に、人々が馬や鹿、イノシシなどを植物の名前にあてがえて、食していたその当時の名残であると言われています。ですがなんとも、粋で風流な言い換えではと思いませんか?当時の人たちは、お肉を食べる事を「薬」などの滋養強壮としてありがたいものとして頂いていたようです。そのような中でも、ヨーロッパ文化の中で、屠畜したお肉などの保存などに、ハムやベーコンが作られていたように、日本では、日本ならではの食材を利用してお肉の保存加工を行っていました。それが、お肉の味噌漬けです。皆さんも、年に何回かは召し上がるような機会があるのではないでしょうか?実は、お味噌には、抗菌作用があり、お味噌をまとったお肉が腐りにくいとして、冷蔵庫などの保存技術がなかった日本では、お味噌を使った食材の保存技術が発展していたのです。味噌漬けのお肉は、長期保存がきくだけでなく、お肉が柔らかく美味しくなりますよね。お肉が薬として売られていたような時も、お肉をお店で保管する為に、このような保存方法が行われていたのではないかと考えられています。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *