シルバー世代のハム作り

炎と煙の具合を調節しながら作る燻製のハムやベーコンが、シルバー世代の人々の老後の趣味として話題になっているそうです。燻製は、木の破片などのウッドチッ燻して、塩漬けしたお肉など燻製します。1つのハムやベーコンの完成品を作るまでに、大変時間と手間がかかるので、現役方リタイアし、時間の余裕のあるシルバー世代に好まれているようです。ハムやソーセージを作るには、特別な器具や道具がないと作れないのではないかと、考える人が多いようですが、実はそのような特別な道具がなくとも、どこのご家庭でもあるような台所の道具を使うことで、簡単にハムやベーコンを作る事ができるのだそうです。工程に慣れてくると、様々なスパイスやハーブを組み合わせる事で、好みのハムやソーセージ作ることができるようになり、自分好みのハムやソーセージが手作りできる楽しみによって、さらに色々な手法に挑戦してみたくもなるようです。さらに、燻製をする時のチップなども、独自のこだわりをもつような人々は、燻煙する際のチップの木片の種類によって出来上がりの風味に違いを出す為に、思い思いの木片のブレンドを探求するのだそうです。燻製をする器機を、スモーカーなどと呼ぶようですが、最近では、アウトドアショップなどの店頭で、よく見かけることはありますが、初心者のうちは、フライパンを利用したり、空き箱などを利用してスモーカーを手作りすることも少可能なようですので、身近なものを利用して美味しいハムやソーセージが作れるようですので、子供達の体験学習としても喜ばれそうです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *