Home Uncategorized 中国エステの実態
Uncategorized

中国エステの実態

表向きは「健全店」であると謳っている中国エステは、本当に性的サービスを提供していないのでしょうか。中国エステの女性スタッフが店に内緒で性的サービスを施した場合、必ずオンライン上で話題になります。そうすると性的サービス受けたいと願う客が大勢来店し、性的サービスを要求したり、自分は受けられなかったとクレームを付けたりします。その中には警察に通報する人もいるため、店はすぐに当該女性スタッフを解雇して、以後同じような行為に走らないように残った女性スタッフを教育するのが、大体の中国エステの内情です。ですから警察も中々踏み込むことができません。
中国エステがこれほど急成長した背後には、やはり中国マフィアが隠れています。通常ステを開業するには、東京の繁華街のお店なら1000万円前後を用意しなければなりません。その内訳は、入居保証金、内装費、シャワー設備、看板、ベッド、寝具等ですが、中国エステが同様に出店する場合、費用は総額300万円前後で済ませることができます。絡繰りは単純です。

Author

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です