Home Uncategorized 笑いの効果
Uncategorized

笑いの効果

遺伝子研究のとある専門家によれば、笑うことで免疫力は向上するとのことです。彼はその仮説を面白い実験で実証しました。糖尿病の患者を被検者として迎え入れ、昼食を取ってもらいました。その後、片方の群には難しい内容の講義を受けてもらい、もう片方の群には漫才を視聴してもらいました。それから両群の血糖値を測定したところ、前者が顕著に上昇したのに対して、後者は緩やかな上がり具合でした。この結果から言えるのは、ストレスに曝されると病状が悪化し、笑うことでその病状が改善するということです。彼の実験以外にも、この事実を裏付けるエビデンスは国際的に報告されており、今では笑いが免疫システムを活性化することは常識となっています。
 笑いによって活性化する免疫システムは、ナチュラルキラー細胞と呼ばれるものを駆使しています。この細胞は全身で活動しており、異物を見つけ次第捕獲してくれます。そしてこのナチュラルキラー細胞が優れているのは、癌細胞も排除してくれることです。癌細胞を癌化する前に取り除いてくれるおかげで、我々の健康は維持されているわけです。ナチュラルキラー細胞は1人の身体の中に50億個以上存在しているので、健康な人であればすぐに癌細胞を退治してくれます。しかし癌細胞も毎日1万個生まれているため、ナチュラルキラー細胞が何かの拍子に減少してしまうと、癌化する可能性が一気に高まってしまうのです。因みにナチュラルキラー細胞の減少を促す生活習慣としては、加齢、偏食、ストレス等が挙げられます。現代人はストレスの影響を軽く見ていますが、ストレスは癌の主要因の一つとされています。ストレスを貯めないためにも、大笑いすることをお勧めします。
 笑いは多ければ多いほど、病の元であるストレスを減らせるとされています。米国のとある方がコメディを見て大笑いする生活を続けた結果、大病が治ったという報告もあるくらいです。
ただし効果は人によって違いますから、「あくまで民間療法のひとつ」と位置づけるぐらいの関わり方をお勧めします。

Author

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です