Home Uncategorized クランベリー
Uncategorized

クランベリー

クランベリーというのはネイティブアメリカンに愛された民間薬だそうです。北米北東部に自生するツツジ科スノキ属の常緑小低木だそうです。ネイティブアメリカンが食料や染料、薬などに使用してきたものだそうです。現在では果樹として広く栽培されているそうです。食物繊維やビタミンC、カルシウム、カリウムなどの多くの栄養成分が含まれているといわれているそうです。クランベリー特有の赤色については、抗酸化物質のアントシアニンというものによるものだそうです。クランベリーは芯まで赤いということで、アントシアニンは果実全体に含まれているといわれているそうです。強い抗酸化作用があって、コレステロール値の上昇を抑えるそうです。疲れ目などを改善するそうです。シミやシワなどの皮膚の老化を抑える効果があるといわているそうです。アントシアニンの含有量は、ブルーベリーの2倍だそうです。アメリカではクランベリーが膀胱炎や尿路感染症の予防に効果があるという報告もあるそうです。クランベリーに含まれるキナ酸とプロアントシアニンというポリフェノールの働きによるものだそうです。キナ酸というのは肝臓で馬尿酸という有機酸の一種に変化するそうです。尿のpHバランスを整えるそうです。プロアントシアニジンというのは、尿路の菌の付着や増殖を抑制すると考えられているそうです。プロアントシアニジンは、さらに口内で強い抗菌作用を発揮するそうです。歯垢の付着を防いで、歯周病、歯肉炎などを予防する働きがあるそうです。独特の酸味や苦み、渋みがあるので生では食べられないそうです。1日1㍑以上の果汁を長期摂取すると尿酸結石のリスクがあるそうです。ジュースなどの加工品は糖分が多いので気をつけたほうがいいそうです。

Author

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です